令和2年、初出店はわつか市

新年、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も二両亭かるたの戦国花札に変わらね御愛顧をどうかよろしくお願いします。さて、新年最初の出店は大阪四天王寺で開催される「わつか市」でした。わつか市へは初参加のため一体どうなるものかと心配しておりましたがいざ始まってみると、ものすごい数の出店、そして参拝客の皆様に驚かされました。特に驚いたのは、自分の出店場所の両隣が偶然にも知り合いの方々だった事です。右隣は初辰まいりでいつもお世話になっている「たか木屋」さん、そして左隣が昔、別のイベントでご一緒させていただいた「楽健屋」さんだったのです。100を優に超える出店数の中で、なぜ私の店の両隣が知り合いのお店になったのか。そういえば思い返してみると午前8時、境内に入り出展料を収めるためまっすぐ受付に向かうと、受付の方は私の顔など知る筈も無く、さらにまだ自身の名前も名乗っていないのに、目が合った瞬間「あ、カードゲームの方ですね」の一言。すごい!わつか市のスタッフ様!たぶんこれはきっと1000年以上の歴史を持つ四天王寺は、凄まじい諜報機関を持っており私の事などあっという間に調べ上げたのでしょう。かの武田信玄は他国の情報収集をするために透波(すっぱ)忍者だけでなく国を超えて活動する山伏を使ったのだとか。・・・と冗談はさておき、実際のところは、楽健屋さんが主催者の方と古くからの友人でして、私が応募した時に私の名前を見つけ事前に主催者の方に紹介してくださっていた様です。本当に偶然なのか真実はわかりませんが、もしかしたら、それによりお店を両隣にしていただけたのかもしれません。とても嬉しかったです。それこそ諜報機関に暴かれるよりずっと嬉しいです!事前に紹介までしていただきありがとうございます。

出店内容の方はとても手応えのあるものでした。絶え間なくお客様は立ち寄っていただき、我が戦国花札に興味を持っていただきました。それは自信となり今後の弾みにもなりました。そこで来月も出店させていただこうと思います。もし決まればまた来月、「わつか市」でお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です