てんまーと、1日目無事終了!

大阪天満宮で開催されている「てんまーと」に参加させていただいております。初参加のため右も左もわからない状況だったのですが、てんまーとの主催者をはじめ、他の出展者様の優しさ、そして温かさに助けられ1日目は順調そのものでした。他にもイベントが催されており、また境内には「繁昌亭」という寄席もあることで大勢の方が遊びに来られていました。「二両亭かるた」という屋号ですから、お客様は何か勘違いされてうちのお店に来たりしてたのかもしれませんね。ありがとうございます。繁昌亭!

そんな1日目、無事終了致しました。二両亭かるたは3月1日まで参加しておりますので、よろしければぜひ遊びに来てください。

大阪天満宮「てんまーと」(正式名称は天満天神梅まつりアートクラフト市)

開催場所:〒530-0041 大阪天満宮境内 (大阪市北区天神橋2-1-8 )

開催期間:2月25日〜3月1日

開催時間:10:00~16:00

令和2年2月の出店予定

  • 令和2年2月2日 大阪四天王寺「わつか市」
  • 令和2年2月7日 大阪住吉大社「初辰まいり」
  • 令和2年2月25日〜3月1日 大阪天満宮「てんまーと」

ぜひぜひ遊びにきてください。

ちょっとだけ絵柄をアプデ

織田木瓜だけは、信長の「枠におさまらない」人物像故にちょっと隠れてます。

令和2年3月8日にインテックス大阪で開催される「ゲームマーケット」に今年も参加させていただきます。ゲムマは去年が初参加でして右も左も分からずでしたが、そのおかげで我が花札の課題や反省点が多く見つかり実りある参加となりました。

課題や反省点と言いましても、ゲームのシステムについては大きく変えるような箇所はありませんでした。何やかんやで「戦国花札」が出来てから10年近く経つので、ここに至るまでの紆余曲折で、システムにこれ以上手を加えるところはありませんでした。今回のアップデートでは絵柄の細かい箇所や説明書の文言を少し変更しただけです。今までより「遊ぶことを最優先」するのが目的です。

左側が今までの絵札です。本日から右側の絵札のように家紋・陣羽織が変わります。

例えば、一枚絵として綺麗にみえるように、スートである家紋は左右対象に配置していました。そのため、スートが武将や武具で一部隠れている絵札があったのですが、スートは出来る限り見えた方が遊びやすいと考え、少なくとも家紋のひとつは全体が映るように大きさや配置を微調整しました。ただし信長は・・・マントの下に羽織っている陣羽織を撤廃しましたが、唯一、信長だけは家紋よりもその存在感が勝るので、他の絵札との格の違いを見せつけるかの如く、全絵札の中で信長の絵札だけスートの全体が映ってません。さすが第六天魔王!

次に、出来役の名前がはっきり分からないままゲームが進行してしまうのは、遊んでいただく上であまり良くないと思い、説明書に記載してある出来役にルビを振りました。特に時鳥(ほととぎす)、梟雄(きょうゆう)の鳥さん関係の出来役は「何て読むの?」となることが多いです。

以上のようなちょっとだけアップデートします。本当は3月8日のゲームマーケットでのお披露目を予定してましたが、嬉しいことに「戦国花札」が予想を大きく上回る数で討ち取られていったためこのタイミングになりました。

皆様のおかげで、更なる改善に気がつき、そして向上していくことが出来ます。

これからも二両亭かるたの「戦国花札」をよろしくお願いします。

令和2年、初出店はわつか市

新年、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も二両亭かるたの戦国花札に変わらね御愛顧をどうかよろしくお願いします。さて、新年最初の出店は大阪四天王寺で開催される「わつか市」でした。わつか市へは初参加のため一体どうなるものかと心配しておりましたがいざ始まってみると、ものすごい数の出店、そして参拝客の皆様に驚かされました。特に驚いたのは、自分の出店場所の両隣が偶然にも知り合いの方々だった事です。右隣は初辰まいりでいつもお世話になっている「たか木屋」さん、そして左隣が昔、別のイベントでご一緒させていただいた「楽健屋」さんだったのです。100を優に超える出店数の中で、なぜ私の店の両隣が知り合いのお店になったのか。そういえば思い返してみると午前8時、境内に入り出展料を収めるためまっすぐ受付に向かうと、受付の方は私の顔など知る筈も無く、さらにまだ自身の名前も名乗っていないのに、目が合った瞬間「あ、カードゲームの方ですね」の一言。すごい!わつか市のスタッフ様!たぶんこれはきっと1000年以上の歴史を持つ四天王寺は、凄まじい諜報機関を持っており私の事などあっという間に調べ上げたのでしょう。かの武田信玄は他国の情報収集をするために透波(すっぱ)忍者だけでなく国を超えて活動する山伏を使ったのだとか。・・・と冗談はさておき、実際のところは、楽健屋さんが主催者の方と古くからの友人でして、私が応募した時に私の名前を見つけ事前に主催者の方に紹介してくださっていた様です。本当に偶然なのか真実はわかりませんが、もしかしたら、それによりお店を両隣にしていただけたのかもしれません。とても嬉しかったです。それこそ諜報機関に暴かれるよりずっと嬉しいです!事前に紹介までしていただきありがとうございます。

出店内容の方はとても手応えのあるものでした。絶え間なくお客様は立ち寄っていただき、我が戦国花札に興味を持っていただきました。それは自信となり今後の弾みにもなりました。そこで来月も出店させていただこうと思います。もし決まればまた来月、「わつか市」でお待ちしております!

実は、近鉄百貨店上本町店で出店してました。

近鉄百貨店上本町店での出店の様子

11月に入ってからというものの、ちょっとバタバタしてたものですっかり事後報告になってしまいます。実は二両亭かるた、近鉄百貨店上本町店で出店してました。場所は10階のイベントスペース。向かいにはネイルサロンのお店、隣はリサイクルショップ、少し離れた所にあるエレベータ前には美容室などお店は様々。そうしたお店が並ぶ階の為か、来店されるお客様は各お店の常連様のようでして、すでに目的を持っており予約をしてこの10階という場所まで足を運ばれます。なので突如として現れたかるた屋など、そう易々と関心を引くことが出来ません。結果から申せば、相当に苦戦した1週間でした。先ずは私の店前を通る人がいません。「何でだ?」と思い困り果てた2日目。ある事に気が付きます。この10階には大きなサロンがあり、そこでは様々な講座が開かれてます。そこに通われている生徒様の多くが、私の店前の通路を使わずにサロンに向かって行くではありませんか。確かにエレベーターやエスカレーターの配置からすると、わざわざこの通路を使ってサロンに向かう必要がありません。「しまった!」と思い、急遽、店構えの変更を決意。一見良さそうな通路前(写真の右側の通路)に面してた構えを止めて、生徒様が良く通る通路側(写真の手前側の通路)に構えを小さくまとめて移動。サロンに通うお客様が頼みの綱となりましたが、3日目からは何とかお客様の目に止まるようになりました。さらに近鉄百貨店内にあるお店で働いてらっしゃるスタッフの方もお越しくださいました。おかげさまで今回も様々な方と交流することが出来、我が戦国花札そしてキーホルダーたちが討ち取られ旅立って行きました。二両亭かるたのお店までお越しくださりありがとうございます。

そしてそして、12月11日から17日にかけての1週間。また同じ場所で出店させていただきます。今度は前回の反省を踏まえてちゃんと店構えします。待ってろよ、サロンの生徒様!

ねや市2019に出店してきました。

2019/11/3 ねや市での二両亭かるたの出店模様。

去年に引き続き、今年も寝屋川市で開催された「ねや市」に参加させていただきました。今年も「文化」がメインテーマとなっており、駅前や公園などで歌やダンスのパフォーマンスが催されました。お越しくださいました方々、今年もありがとうございました!

私、二両亭かるたは「初本町公園」での出店です。午前から、こちらの公園では様々なダンスチームがダンスを披露するイベントが、メインステージで開催されました。そのおかけでステージまでの通りに面した私を含め出店されているお店は大繁盛!1人のお客様に足を止めていただけると、途端に2、3人とお客様に集まっていただけるではありませんか!初日は花札本体の方が、キーホルダーよりも多く購入していただけました。「キーホルダーはこんなものか。ならば明日用意するキーホルダーの在庫はこれくらいで十分だろうな」と思って2日目に突入。ところが、2日目はキーホルダーが想定外に購入していただけました。早々に「討ち取られた」武将が相次ぎ、購入希望のお客様のご希望に答える事が出来ませんでした。日々、手応えと反省の日々です。精進します!

このイベントをきっかけとして、寝屋川市に我が「戦国花札」が少しでも浸透していけばと、そう思うと胸が高鳴ります。来年もぜひ参加したいと思います!

用意した在庫では足らなくなり、「討ち取られ」状態に・・・

今までちょっと大きめのリュックに商品を詰め込んで遠征してましたが、今回から、約50リットルの「キャリーケース」を配備。これまでよりも運搬量が大幅アップ!ついでに機動力もアップ!おまけに腰、肩への疲労軽減!キャリーケースひとつあるだけでここまで移動が快適になるとは。何故今まで気づかなかったのか・・・。さてキャリーケースにはまだ余裕があるので、何か新商品作ろかな・・・先ずはアレかな、いよいよアレを作ろかなぁ。

元の名「戦国花札」に、そして紙箱から木箱仕様へ。

先月の6月も初辰まいりに出店していたのに、すっかり更新を忘れていました!というのも、6月の初辰まいり後に「とある」ことについて色々と調べ物をしていたもので、気が付けば6月の初辰まいりを報告する前に7月の初辰まいりがもう来てしまいました。しかしその「調べ物」が身を結び実現したのが上の写真です!思いきって紙箱から木箱へ変えちゃいました!「箱」と行っても形式・材質・単価などが非常に多岐に渡るので木箱に決定するまでとても難航しました。しかしその甲斐もあって、この木箱仕様は結構気に行ってます!しばらくはこの「戦国花札 木箱ver.」が続くと思います。どうか木箱入りになった「戦国花札」をご愛顧お願いいたします!

そしてそう「戦国花札」というこの名称。木箱に変えるにあたり一年前から使用している今の名称「花札-武将家紋-」から元の名前「戦国花札」に戻そうかなと思っております。わざわざ「花札-武将家紋-」に名称を変えた理由は、このゲームの根幹である「花札」「武将」「家紋」を全部名前の中に盛り込んで「名前からどういうカードゲームなのか説明しよう」というものでした。しかし最近、購入されたお客様が、私の花札を元の名前である「戦国花札」としてSNSなどで紹介してくださっております。それほど認知してくださっていたのでしたら、「木箱仕様を機に名前を戻そっかなぁ・・・」と思っております。加えて、木箱に貼るシールに「花札-武将家紋-」の文字数が上手く載せられなかったですからねぇ・・・。この件についてはもう少しの間だけ検討させてください。

七技七人展に参加

七技七人展での二両亭かるたの展示ブース

5/23~5/30の期間、紀伊國屋梅田本店で開催された「七技七人展」に出店しました。「阪急梅田駅の間近にある書店なので、物凄い数のお客様が来るのだろうな」と開催前から思ってはいましたが、いやはや、実際にそれらを目の当たりににすると想像以上で、その集客力の高さに圧巻です!参加させていただき、また貴重な経験が出来ました。柚木様、藤村様ありがとうございました。

令和、順調なスタート!

5月7日は、令和元年の記念すべき最初の初辰まいりでした。なんだか元旦が2度訪れたようでとても嬉しいです。気持ちも装いも改まった二両亭かるたをこれからもよろしくお願い致します。

「装いも改まった」?・・・はい、今月から二箇所、売場展開を一新しました!

先ずは画面中央奥に威風堂々と鎮座するのは、「花札キーホルダー専用ディスプレイ」です!右側で月見団子のように並べられた花札のせいで一部が隠れて全体が見えてないですが、今まではキーホルダーを一つ一つ袋に入れ、名前を書いた紙を封入し、中で動かないようにホッチキスで留めてさらに赤い紙で口を閉じて・・・などの工程をこなしていたので、非常に手間が掛かってました。もうそれらを止めようと思い、一枚の板の上に予め名前を書いちゃいました。そうすれば、各キーホルダーに簡単な袋を被せてこの板にぶら下げたら・・・はい出来上がり!と言う寸法です。製作が段違いに早いし何より見栄え良し!良い事ずくめです。雨が降った時は・・・続いて画面の右手前、ちょうど「月見花札」の周辺に並べられている札達「マグネット花札」です!これを作った経緯は、露店の大敵である強風への対策です。特に先月は風が強く、紙で出来ている花札は強風を受けるとバラバラと飛ばされてしまいました。その度に並べ直しを迫られていたので、このマグネット花札の導入によってその心配は無くなりました!

これら新しい商品展開と、5月は初辰大祭という事も相まって今月の初辰まいりは時間一杯、参拝者の方々が大変多かったです。そうして盛況の内に今日の初辰まいりを無事終えられました。また新しいアイデアが浮かべば、どんどん形にしていき商売繁盛に繋げていきたいと思います。

新元号発表の日で大盛り上がり!

2019年4月1日の初辰まいり。そう、2019年4月1日の初辰まいりです!朝の9時30分頃に住吉大社に到着。鳥居を潜ってお店を出す石舞台前に向かいます。何だか道行く人たちの雰囲気がいつもと違う気がします。少し明るく高揚しているような気がします。かくいう自分自身がそうだからです。

この日は新元号発表の日。発表時間は11時30分頃の予定。新元号が気になる二両亭かるたは、「1秒でも早く知りたい!でも出店中の為このニュースが見られない」と思い、事前に画策。それが『新元号を教えてくださったお客様に500円値引きキャンペーン』です。その為の宣材も作成して店前に並べます。

11時20分頃、期待に胸を膨らませて店前に立っていると、隣のトンボ玉を製作されている仙波さんがタブレットを取り出しました。画面を数度タッチすると何やら音声が。「まさか」と思い画面を覗かせていただくと、そこにはニュースの中継画面。仙波さんにお話を伺うと、仙波さんも新元号を気になさっていた様です。たちまちトンボ玉を見てらっしゃるお客様もタブレット前に集まります。「次はどんなんだろう」と皆様が予想を出し合って大盛り上がり!予定時間を10分程遅れましたが、菅官房長官が会見場に入場。いつになく緊張の面持ちの菅官房長官から新元号「令和」が発表された瞬間、「オォー!」と石舞台前のあちこちから大歓声が上がります。周りを見渡すと参拝者の多くの方もスマホなどで新元号のニュースを確認してました。「令和!」「令和!?」「レイワ?」と歓喜の声が飛び交ってます。新元号を最初に教えてくださったのはまさかの隣のトンボ玉店の仙波さんでした。ありがとうございます!というわけで二両亭かるたの渾身のキャンペーンは『新元号言えるかな?キャンペーン』に変更。これまたお客様にも喜んで頂けました。

新元号発表という世紀の瞬間をこの住吉大社で皆様と共有できた事、満悦至極にございます。