11月の総括。

11月はたくさんのイベントに参加して来ました。まずはこちら、

11月の3、4日と2日間『寝屋川文化芸術際』に参加して来ました。こちらのポスター中央のイラストを担当された漫画家の「アシタモ」さんの紹介です。普段の住吉大社のある住吉区から寝屋川市へ、初の遠征です。そして初寝屋川市です!

花札は残念ながら売れませんでしたが、キーホルダーがたくさん売れました。名だたる武将たちが「討ち取られて」行き、製作者として満足してます。これを口火に、この寝屋川市でも花札で遊んでくれる方が一人でも増えていくよう頑張ります!

続いて、11月8日は「初辰まいり」。今年から参加させて頂いてから早9回目。この日の住吉大社では七五三まいりもあり、多くの参拝者が。いや、参加数僅か9回ですが、僕の体感だとこの初辰まいりは常に参拝者が多いです。普段の参拝者の多さに七五三まいりの参拝者の上積みが乗った今回の初辰まいり。特別賑わっておりました。おかげさまで花札も売れました。参拝してくださった方々そして購入してくださった方々、ありがとうございます。これからも参加させて頂けるのなら、12〜2月ともう冬です。参拝者数に変化はないでしょうが、初辰まいりでは野晒しの如く店前に立っている我が身が、果たしてこの厳しい季節に耐えられるのか、来月からは試練の時です。

最後に、11月21日からは天王寺にある「nano gallery(以下、愛称「ナノ」)」に出展。ナノはこの日12周年を迎えました。イベントのテーマは「キャラ」という事で、僕はオーナーを模したキャラクターに花札を遊んでもらうコマ撮りアニメを製作。ナノのオーナーはどんな人かと言いますと、全体的に丸みを帯びたフォルム、常に迷彩柄のオーバーオール、ある時期にはギャラリー内を竹で装飾するなど「キャラ」化しない訳にはいかない程強い個性をお持ちです。一度お会いした方々は忘れられなくなるでしょう。自らの存在感でギャラリーの宣伝をしていくナノのオーナー。見習いたいです。

今月は立て続けに大きなイベントに参加して来ました。たくさんの人達に「花札」を知って頂ける機会に恵まれました。イベントに携わるスタッフさんが、一人でも多くお客さんを集めようとしてくださったお陰です。モノを作る事に感けがちな自分にはとても出来ないことです。作家はこうした方々に支えられているんだなと改めて思った11月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です